FC2ブログ
第42回 東京モーターショー2011」(一般公開2011年12月3~11日,東京ビッグサイト)PIVO3-2[1]
PIVO 3は、日産が2005年の東京モーターショーから発表している小型EVのコンセプト車の3代目。駐車場内で運転者が降車した後に、自動で車両を駐車させる「オートメーテッド・バレーパーキング(AVP)」と呼ぶ機能を搭載する。駐車後、自動的に充放電する。全長は3m未満と小さく、4輪それぞれにインホイールモータを搭載。前後で異なるトレッドを採用して内外輪差をゼロとし、最小回転半径を4m以下とするなどして取り回しをよくした。

DX[1]
D―Xは、樹脂製の外板を取り替えることで、2人乗りスポーツカー、スポーツワゴン、バギーなどに車体の形状を変えられるのが特徴。新開発の排気量0.66Lの2気筒直噴ターボエンジンを搭載する。大量EGR(排ガス再循環)を実施しても確実に着火できるよう、点火プラグに高周波を加える「アクティブ着火システム」を採用したのが特徴。

SmallEVSports[1]
軽スポーツカーのコンセプト車「スモールスポーツ EVコンセプト」は、詳細を明かさないものの、走る楽しみを最大限に具現化しながら、高い環境性能を備えたとしている。

Micro[1]

前1人、後ろ2人の3人乗車ができるEVのコンセプト車「MICRO COMMUTER CONCEPT」は容量3.3kWのLiイオン2次電池を搭載し、航続距離は約60km。都市内の移動を主な用途として想定する。全長2500×全幅1250×全高1430mm、ホイールベース1860mm。車体パネルの一部を交換可能としてユーザーの好みに応じてカスタマイズできるようにした。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック